ダイエットと節約のために

ダイエットと節約のために

主人の会社で恒例の健康診断がありました。
見た目はそれほどでもないのですが、メタボ気味と診断されショックを受けていました。
コレステロールも血圧も若干高いです。
おまけに、再検査で受けた腸の内視鏡検査でポリープが見つかり、数mmのものだったけれど、放っておくと大きくなる可能性があるということで、その場で切除してもらいました。
主人は自分なりに検索し、腸のためにはあまり赤味の肉を食べないほうが良いと言い出したので、私もなるべく鶏肉を買うことになりました。
ところが、ふだんよく使っている鶏のモモ肉も、消費税増税に伴い、グラム100円以下のことが珍しくなっています。
家族のためにモモ肉2枚入りパックを買おうとすると、500円以上かかるようになってしまいました。
そこで、家族には不評だった胸肉料理に挑戦することにしました。
胸肉なら最初から脂肪も少ないから取る手間もはぶけるし、高たんぱく低カロリーだし、何より安いです。同じ量でもモモ肉の半額ほどで手に入るのです。
難点は食感が固くパサパサすることで、いかにヘルシーでも我が家ではこれまでほとんど使っていませんでした。
でも主人の健康のためにも家計のためにもそんなことは言っていられないので、料理の本を読んだりレシピを検索したりして、胸肉を美味しく食べる工夫を色々試してみました。
色々な調理法を試した結果、下ごしらえすればある程度柔らかくなることがわかりました。
胸肉ならどんな料理でも同じ下ごしらえでOKなので、固いのが苦手な人にはぜひ試してもらいたいです。
方法は簡単、お酒を大さじ1足した水にしばらくつけておくのです。
その前に、胸肉にフォークで何箇所も穴をあけます。
するとその穴に水分が染みこんで、調理しても柔らかさを保てるのです。
水に付けた後、ある程度水をきって、片栗粉か小麦をつけてから調理するともっと良いです。
中の水分を逃がさないからです。
他にも砂糖を入れたり油分を足したりしてみましたが、やはり水分が一番大事なように思います。
料理酒が惜しくなければ、料理酒に浸しておくのもOKです。
簡単な方法なので、ぜひ試してもらいたいです。